日本食には欠かせない|にぎやかな食卓にしたいならかにを通販で購入しよう|楽に買える

にぎやかな食卓にしたいならかにを通販で購入しよう|楽に買える

シニア女性

日本食には欠かせない

ダシ

和食の基本

日本には様々な和食料理がありますが、その美味しさはだしに隠されています。日本料理の基本はだしだと言っても過言ではありません。魚介類や動物系や野菜などの様々な部位を使い煮出したり水に浸けて味を取り出します。室町時代に昆布だしが初めて登場したと言われています。一般的に鰹節、昆布、椎茸、煮干しが使われる事が多いです。毎日食べられる料理にだしは欠かせませんが、忙しくてだしを取る時間がなかったり面倒だと感じる人も少なくありません。今は便利な粉末やパック、さらにはスープになっていて入れるだけ温めるだけになっているものも登場しています。通販でも、なかなか手に入らないだしなども販売されています。

料理の味を引き立てる

一言でだしといってもいろんな種類があります。和食料理の素材の味を引き立てるのには欠かせません。繊細な味付けをする為に抽出方法を間違ってはいけません。昆布などで取りたい場合は、沸騰する直前に鍋から取り出さないと海藻臭さがしたりぬめりが出るので注意が必要です。昆布と鰹を使った一番だしは、様々な料理に使えます。お吸い物や茶碗蒸しなどがおすすめです。だしを使った料理で良く知られているのが精進料理です。食べた事がある人も多いのではないでしょうか。精進料理では基本的に昆布と干ししいたけが使われています。薄味ですがしっかり素材のあじが引き立てられています。このように、和食料理には欠かせないだしを使う事によって料理の幅も広がります。